赤ら顔、酒さの原因〜ホルモンバランスの崩れやストレスも原因に?

 

赤ら顔、酒さは
年齢を問わず発症するものですが、
「ホルモンバランスが不安定になる年齢」
で発症する方が多いようです。

 

また、男女比では女性6〜7割と
女性の方が多いのです。

 

・ホルモンバランスが崩れている
・ストレス過多である

 

といた内的要因も
赤ら顔・酒さを引き起こす原因に
なることが多いのです。

 

 

特に、
「妊娠」
によって、大きく女性ホルモンのバランスが
乱れるときには、気をつけましょう。

 

女性ホルモンは血圧・血液などに大きく影響を及ぼす成分なのですが、
妊娠中、女性ホルモンの数値は大きな変化を見せます。

 

妊娠中の女性のからだの変化は、
「1週間前と1週間後では、別人」
といえるほど、激しいものです。

 

そういった女性ホルモンの変化を迎えて、
出産後は、
授乳・育児などで睡眠時間が短くなるもの。

 

その上でいままでの家事やお仕事すべてをこなそうとすると
ストレス過多になって、さらにホルモンバランスがくずれ
赤ら顔・酒さが発症しやすくなってしまうんです。

 

「肌質も体質も、なんだか全部変わってしまったみたい」
そんな苛立ちも覚えてしまうかもしれませんが。。。
これは、医学的に見ても当然なこと。

 

出産後は
「いままでの自分とは全く違うからだと
付き合っていこう」
そんな風に、気持ちをきりかえることが
赤ら顔・酒さへの対策にもなりますよ。

 

ストレスを減らし、
気持ちを楽にして過ごすことで
女性ホルモンも安定してきます。

 

できるだけストレスのない生活を
心がけてくださいね。

 

いい香りや好きな色(ピンク系は女性の若さを保つ色です)を、
少し日常に取り入れるだけで、
だいぶ気持ちがあげってくるのではないかと思います。

 

 

関連ページ

赤ら顔治療にステロイドは効果的?
赤ら顔というとステロイド治療を思われがちですが 本当に効果的でしょうか? ステロイドは副作用も強いため、注意が必要です。
赤ら顔でヒリヒリ!水洗顔がしみる時の対処法は?
症状がすすむと、ちょっとの刺激でも ヒリヒリしてしまう、辛い赤ら顔。 お水で洗顔してもしみるようなときはどうすればいいの?
赤ら顔を目立たなくするファンデーションは?上手な化粧方法を教えて
赤ら顔を目立たなくするファンデーション選びや 化粧の仕方など。
ビタミンK配合のクリームは赤ら顔に効果あり?
ビタミンKは、ひきわり納豆や青汁などに多く含まれるビタミンで、 経口摂取することで血液をサラサラにする作用があるもの。 ほとんど副作用もなく、健康にいいビタミンです。
赤ら顔、酒さは皮膚科でも誤診されるケースが多いって本当?
赤ら顔、酒さは皮膚科でも誤診されることがある? その理由は?
生理前に肌荒れを起こしたり乾燥肌がひどくなるって本当?対策は?
生理前になると肌荒れがひどくなったり、乾燥肌がひどくなる経験はありませんか? それには原因があるんです。 原因を知って対策を打ちましょう!
お肌のターンオーバーを正常にすることで、肌バリアを強化
赤ら顔、酒さ改善には肌バリアを強化することが重要。 その為には、まずターンオーバーを正常化へ導くことが大切です。